通販物流サービスの選び方3つのポイント

通販物流サービスのアウトソーシングの仕方とは?

通販物流を発送代行会社に委託するポイント1. 自社に合ったサービス内容になっていること

発送代行会社によって、対応できるサービス内容が異なります。

自社の取扱商品に適したサービスを提供している会社を選ぶのがポイントです。

食品を取り扱う場合は冷蔵・冷凍設備が整っていること、化粧品を取り扱う会社なら法定表示ラベルの貼付が可能なことなど、必要なサービスが提供されていることをチェックしましょう。

また、検品・検針、裾上げ、ギフト梱包といったサービスを提供している業者もあります。どこまでの作業を代行してもらうかを考え、業者選びを行いましょう。

通販物流を発送代行会社に委託するポイント2. 実績と信頼性が高いこと

クオリティが低い業者を利用すると、顧客からの満足度が下がり、売上が低下してしまう恐れがあります。

これまでの実績や信頼性が高い業者を選ぶようにしましょう。

できれば自分の目で現場を見学し、確認しておくことをおすすめします。商品の保管状態の良し悪しやスタッフの梱包作業の様子から、信頼できる業者かどうか把握することが可能になります。

通販物流を発送代行会社に委託するポイント3. 料金設定が自社の規模に合っていること

料金設定は業者によって異なるので、自社の予算に合わせて選ぶようにしましょう。

パック料金で設定している業者もあれば、それぞれの作業ごとに単価を出している業者もあります。

規模が小さいショップでは、単価ごとに請求されるタイプが利用しやすいですが、依頼件数が多いショップになるとパック料金の方がコストが抑えられる傾向があります。

ただし、料金を重視して選ぶとサービスの質が悪かったりとトラブルが起こることがあるので要注意です。

公開日:
最終更新日:2018/03/12